2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香りに関する専門用語

香りにまつわる用語集を手持ちのテキストから引っぱってきました。
こうやって並べて説明書きしてみると、紛らわしい用語それぞれの違いも良く理解出来ます。

【アコード(accord)】
香料を調合する上での香りの調和の事、また、調和のとれた香りの事を指してアコードといいます。

【フレグランス(fragrance)】
香粧品香料の事。口に入れない製品用香料。製品の着香に用います。また、香水そのものを指してフレグランスといいます。香粧用香料を作る人をパフューマー(調香師)と呼びます。

【フレーバー(flaver)】
呈味料の事。口に入れる製品用香料。食品香料ともいいます。呈味料を作る人をフレーバーリストと呼びます。

【コンクリート(concrete)】
香料になる原料、主に花を石油エーテル等に漬け込んで抽出する事を溶剤抽出法といいます。そこから石油エーテルを除去したあとに残ったロウ状のものに精油成分が含まれており、このロウ状のものをコンクリートといいます。

【アブソリュート(absolute)】
原料が花のコンクリートをアルコール処理し、精油のみを取り出したものがアブソリュート。

【レジノイド(resinoid)】
花から抽出されたものがアブソリュート、同じ方法で根・茎・コケなどから抽出したものはレジノイドと呼ばれます。用途は主に保留剤。

【アンフルラージュ(enfleurage)】
ラード(牛脂)やヘッド(豚脂)を用いて、花から精油を抽出する方法がアンフルラージュ。動物性脂肪が花の精油成分を良く吸う性質を利用しています。

【バルサム(balsam)】
樹脂状分泌物の事をバルサムといいます。安息香酸や桂皮酸など。

【オレオレジン(oleoresin)】
液状の樹脂状分泌物の事をオレオレジンといいます。主に食品や飲料の呈味に用いられます。

【チンキ(tinc)】
動植物のアルコール抽出液の事をチンキ、または含水エタノールといいます。アニマルチンキにはムスクやカストリウムなどがあり、植物チンキにはバニラオイルなどがあります。

【エキストラクト(extract)】
動植物の芳香性物質を総称してエキストラクトといいます。

【ガム(gum)】
植物の樹脂状分泌物のうち、固形のものをガムといいます。
-------------------------------------------------------------------------

クリプレ用の携帯ミラーをデコし終わりました。3名様分しか作れなかったのが心苦しいばかりではありますが、自分的には上手く出来たほうかな?なんて。詳しくは11月29日のブログにて。
スワロミラー

精油で自分だけの香水作り【その1:香りの組み立て方】 «  | BLOG TOP |  » 12月発売分の石けん、画像UPしました。

PROFILE

KLAL

Author:KLAL
Store blog of Kitchen*Labo
お店のご紹介の他に、手作り石鹸や日常についてマイペースに更新していきます。2007年10月から手作り石けん教室を始めました(^^)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

QRコード

QR

↑モバイルはこちらから

MY LINK

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。