2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3回目~

今日は3度目の教室に来て下さったナホさん。
家族みんなで手作り石けん大好きになって頂けたようです(^^)

こういうお話をお聞きすると「教室やってる甲斐があった~」と感慨深くなります…。

手作り石けんよ。お前はやはりスゴイ奴だ


_MG_3997.jpg


_MG_3995.jpg


_MG_3999.jpg


_MG_4000.jpg


今日ナホさんはピンクとホワイトの2色レイヤーに更に、自宅で手作りしたオーガニックマルセイユ石けんのカットをピンク生地側に混ぜ込んで「2層レイヤーモザイク石けん」に挑戦しました。

写真はモザイクを施したピンク生地です。ところどころに白い小さな石けんが。パステルピンクに白いザク切り石けんって、定番的ですがやっぱり可愛いです^^


_MG_3998.jpg
こちらはナホさんの後ろでペットボトル石けんに挑戦中の図です。


ナホさんのご主人は理科教員をされていらっしゃいます。ナホさんの影響で手作り石けんに興味を持たれ、ご自身が担当する理科研究部の生徒さんに石けん作り体験を通して生活の科学を身近に感じてもらおう、という事で具体的な方法について相談をお受けしています。

校内の施設において2時間程度でブレンダー無しで型入れまで到達させなければならないため、どういった方法で攪拌するのが物理的にも時間的にも理想的なのか?

今日はペットボトルでの攪拌を試行してみました。

油温とソーダ水を60℃で合わせペットボトルへ慎重に流し込み、約20分~30分、休み休みにペットボトルを振り続けてポタージュスープくらいの固さで牛乳パックに入れて保温しました。

最初から60℃と高めの温度で混ぜ合わせたので、型入れ時も生地自体は温かさが保たれていて、型入れ時の温度としては悪くなかったと思います。

さあ、24時間~48時間程度の放置タイムで型出し出来る程度まで固まってくれていれば、ペットボトル法をおススメしようと考えてます。実際の部活動では2時間のタイムリミットなので、もうちょっと攪拌に時間をかけられるかな?

でも今日実際にペットを振った感触では、あと2~30分多めに振ったところで、いわゆるトレース状態までは程遠いという気がしました。トレースを出さずにポタージュ状で型入れに踏み切ったのは今日が初めての経験だったので若干の不安はありますが、型入れ1時間後くらいにパック内を確認した時は、思っていたよりもそこそこ表面は固まってくれていました。

うん、明日の状態確認が楽しみだ。

ちなみに今日の実験はオリーブ油のみ、ディスカウント10パーセントのレシピでした。

ハードオイルをブレンドしてディスカウントも5~3パーセントくらいまで下げれば、もっと鹸化を安定して促せると思うので、レシピは再考の余地ありですね。

理科研究部の生徒さん達には石けん作りの不思議さと面白さを実感して頂きたいものです^^V

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://klal.blog83.fc2.com/tb.php/183-0b64af46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

25日に定番を… «  | BLOG TOP |  » 寒かったぁ

PROFILE

KLAL

Author:KLAL
Store blog of Kitchen*Labo
お店のご紹介の他に、手作り石鹸や日常についてマイペースに更新していきます。2007年10月から手作り石けん教室を始めました(^^)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

QRコード

QR

↑モバイルはこちらから

MY LINK

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。