2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫にティートゥリーは危険か否か

1990年代に猫がティートゥリー使用により死亡した

これ、かなり昔からよくネットで目にする記事です。
噂なのか本当なのかは良く分かりませんが、猫の肝臓が毒素分解酵素を持たないため毒物が体外へ排出されにくい、という内容は以前新聞で報道されていたらしいですね。

しかしながら、資格取得時の講習やナード(ナードは日本では数少ないアロマテラピーを化学的視点から分析・資料収集をしている団体で、代表者は医学博士です)の機関紙などをめくってみても、猫とティートゥリーについての科学的根拠になる話や記述はどこにもなく。

一部の市販本に猫と精油の関係が書いてあり、その記述中にモノテルペン炭化水素類が猫にとって禁忌である、といった内容があるという所までは見つける事が出来ました。

じゃあ、モノテルペン炭化水素類でほぼ出来ているかんきつ類はダメなのですか・・・。うちでたまに使っているオレンジ○ックスなど、天然オレンジのリモネン(モノテルペン炭化水素類の代表的成分)だけで出来た洗剤との事で、希釈濃度によっては猫でも犬でもシャンプーとして使える!と書いてあるのに。いや、実際オレンジ○ックスで犬を洗った事はありませんが、ホントはダメなのかしら?

・・・と色々と頭を悩ませ元よりない知識を必死で掻き集めて総合的に判断してみるにつけ、やはりどう考えてみてもティートゥリーやかんきつ系よりも、もっと毒性の高いフェノール類を多く含むオレガノ、クローブや、けい皮アルデヒドの塊のカッシアのほうが怖いのでは??と単純に思ってしまうので、ティートゥリーばかりが猫にとって悪い物質であるかのごとくの記載には、読んでいて少々違和感を覚えます。

 人間を含め生きている動物すべてが口にする物質には、何にでも必ず「致死量」というものが存在します。

ちなみにティートゥリーの急性毒性試験でのLD50値(被実験動物の約半数が死亡に至る数値)は、経皮吸収で5g/kg。つまり、体重50kgの人間では500mlを肌に塗り付ければ(あるいは飲むと考えても良いかも知れません)、約半数の人が死亡するという結果が出ています。

500mlの水でも相当飲み甲斐があるのに、あろう事か精油をそれだけ大量に飲まないと死なない、という事が逆にティートゥリーの安全性を証明する実験になっています。体重2kgの猫なら20ml。10mlの瓶を2本も飲まないと半数致死量に達しません。それに比べ、オレガノやクローブなどは毒性が高いので人間にとっても危険度の高い精油で、ほんの数滴で半数致死量に達します。

ティートゥリーは今日、様々なペット用品になって市販されていて、それさえ使うのが怖い!と思ってしまう方も少なくないと思います。ティートゥリーの濃度によりけりだと思いますが、多くの品が1パーセントを超えない程度ではないかと思います。

猫が毒性を分解出来ない体質なら、市販ペットシャンプーやノミ取りに含まれたごく希釈度の高い精油を気にするより、その中の精油以外の香料や保存料などの毒物や、直接口に入るペットフードやおやつに含まれる保存料・香料・着色料のほうがよっぽど身体に悪い毒素として体内に蓄積されて、早死にさせてしまう原因になるのではないかしら??と思わないでもない今日この頃。

実際、うちは犬が2頭いますが、自分で作ったティートゥリー入りの消臭スプレーより、マジッ○リンなどの市販のお掃除スプレーのほうが使うの怖いです。吹き付けた床舐めたらヤダな。。と思っちゃいます。

上記の猫ちゃんが実在で実際に起こった事件だとすると、かなり大量に、またあるいは多量で長期間に渡り、ティートゥリー精油が関わっていたのではないか?と思わざるを得ません。精油に限らずご馳走もお酒もそうですが、適量適宜を間違うと大変な事になる事もある・・・という教訓ですね。


精油の急性毒性試験はウサギやラット、マウスによる実験なので人間や猫に100%置き換えて考えてしまうのは危険である事は言うまでもありません。

ラベンダーの多様性 «  | BLOG TOP |  » TOPICSお引越し。

PROFILE

KLAL

Author:KLAL
Store blog of Kitchen*Labo
お店のご紹介の他に、手作り石鹸や日常についてマイペースに更新していきます。2007年10月から手作り石けん教室を始めました(^^)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最新コメント

QRコード

QR

↑モバイルはこちらから

MY LINK

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。